スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
初レッスン
今日は待ちに待った
初レッスン
の、日でした。






あや先輩に
地図も書いてもらったし、大丈夫。



あすか先輩も
地図があるなら迷わないよって
言ってくれたから、大丈夫。








……って、思ってたのに。






大方の予想を裏切り、
やっぱり迷っちゃったよ。。








あ~あ、
どうして世の中には
こう地図があっても迷う人がいるのに、
地図がなくても目的地まで行ける人が
いるんだろう…



ああ、理不尽ったらない。



∮∮∮



僕の遅刻のせいで
レッスンは(なんと)30分遅れで
スタートしました。




今日は初回だったので、
先生も様子見だったみたいです。





ブラ1をちょこっと弾かされて、
弓の持ち方と楽器の構え方をチェックしてもらって、
ダウンボウの音階練習をしました。



迷って疲労困憊していたせいか、
初のレッスンで緊張してたせいか、
思うように弾けない
このもどかしさったら…!(手をわなわなとさせながら)







でも!

ダウンボウの練習で
「楽器を響かせる」ということを
体感しました!




よく、ヴィオラは
響きにくい楽器だと言われますけど…
――実際、音をよく響かせようと思ったら
あと10cmはボディが長くなくちゃ
いけないそうです――


それでもやっぱり、
「響かせるための技術」というものは
あるんですよね。


それを知るのと知らないのとでは、
〈音の豊かさ〉が違うんですよ!





大事なのは、
重さを弓にあずけることなんだ。











これでエロスにまた一歩、
近づいたぞっと。
スポンサーサイト
【2006/06/06 00:27 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。