スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ハチミツとクローバー
いい加減アニメが見たいです。



最近「ハチクロ」のタイトルの由来を
知りました。


そのせいか、いま
スピッツ熱・スガシカオ熱が
再燃しています。



スピッツもスガシカオも
詞が好きです。

草野正宗さんが書く詞も
スガシカオが書く詞も
なんだか胸に残るものがある。


思うに2人とも
あるひとつのものから出発して
大きなストーリーに発展させて詞を書くのが
上手い気がする。

小さいものから大きなものへと膨らませる
その想像力が魅力なのだと思う。


ただ両者で発展させる方向性は違う。


スピッツは比喩表現や
意外な組み合わせでことばを使うことが多い。

使っていることば自体は日常的なんだけど
意外な使われ方をされているから、
日常的と非日常的の間をさまよっているような
ある種幻想的な世界をつくりあげている。


対してスガシカオがつくりだすのは
もっと現実的な世界。

だけどそれは
一人の想像の世界の域を出ない。

幻想的、ではなく妄想的。

具体的かつ身近なことばを使って
妄想世界をよりリアルに仕立て上げている。



どちらにしても
その、現実だか夢なんだかわかんない
っていう世界が魅力なんだと思うんだ。



ところで
スピッツの「大宮サンセット」、
冒頭の歌詞が胸きゅんです。

きゅんきゅん。



∮∮∮



あれやります。




続きを読む
スポンサーサイト
【2006/08/16 15:35 】 | らくがき | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。