スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
いまさらそんな話②
続けて投稿。



以下、自己満だよ。




続きを読む
スポンサーサイト
【2006/08/31 22:04 】 | 日々 | コメント(6) | トラックバック(0) |
いまさらそんな話①
26日から一昨日まで
岡山に帰っていました。



わずか4日間の帰省だったので
特に何にもしてないけども、
――あえて言うなら、ただぼーっと、
「何もしない」をした――
本をやたら買ってやった。


ぼくが買う本といえばたいてい文庫本で、
今度も買った本はやっぱり文庫本。

銀色夏生を買いあさる。

「ミタカくんと私」

「そしてまた 波音」

「雨は見ている 川は知っている」

「散リユク夕ベ」

銀色夏生の本は既に出ているだけでも
かなりの数になっているので
まだ読んでない(持ってない)本が
たくさんあるのだけど、
とりあえず書店にあって気になったものだけ
買った。


他にも山本文緒とか江國香織とかも買ったから、
この4日間で買った本は全部で7冊。


どうせすぐには読みきれないけど。


持ってるだけで満足してしまう
自分もいたりして。


でも本なんて、
読まずに本棚に並べただけでも
意味がある。

むしろ本を自分の本棚に並べることから
本としての意味が生まれるのであって、
買って自分のものにしなきゃ
本に意味なんかない。

と、思う。
【2006/08/31 21:34 】 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。