スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
食わず嫌い克服~納豆編~
納豆(なっとう)は、大豆を納豆菌によって醗酵させた、日本の食品。現在は、糸引き納豆の事を指す。

ヒマラヤ、中国雲南省から日本までの照葉樹林地帯にみられる食品であるが、日本における伝来経路は不明である。

とくに関東地方以北と南九州で好まれている。特有の匂いのためか、その他の地方(特に関西・四国地方)ではあまり消費されなかったが、製法や菌の改良などで臭いを少なくしたり、含まれる成分のうち「ナットウキナーゼ」の健康増進効果がテレビなどのメディアで伝えられるようになった結果、1990年代後半にはほぼ日本中で消費されるようになった。また、ビタミンKも豊富で、大豆由来のタンパク質も豊富であり現在でも重要なタンパク質源となっている。総務省統計局の全国物価統計調査の調査品目に採用されているほどである。

また、外国人にとって、日本食の中の苦手とする代表的食べ物の一つであり、納豆菌が炭疽菌の仲間であることから「不用意に食べると感染症に掛かる」という大きな誤解をしていた外国人もいた。

7月10日が「納豆の日」の日とされている。これは1981年関西での納豆消費拡大のため、関西納豆工業協同組合が7・10の語呂合わせで制定したもの。1992年、全国納豆工業協同組合連合会が改めて「納豆の日」を制定した。しかし納豆はもともと冬のもので季語ともなっていた。「納豆時」は冬である。7月10日を納豆の日とする根拠はない。

  *Wikipediaより抜粋。下線部筆者。
  *参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E8%B1%86



上記のように関東では一般に食されている納豆。



実は食わず嫌いでした。



実家の食卓には全くのぼらなかったし(父親が嫌いなため)、
給食にも出たことはなかったので、食す機会がなかったのです。


一人暮らしをはじめてからも
変な先入観(臭いとか不味いとか)もあったし
今更食べようなどと、
考えたこともありませんでした。



きょうそんな話をふと、やっち先輩にしたところ

「やつはそんな大したことないよ」

というコメントが返ってきました。



 「何が臭いのかわかんない」


 「納豆ってみんなおいしそうに食べるよね」


 「でも実際食べてみると『こんなもんか』って思う」



これは今まで聞いていた納豆像とは
大きく違うものですよ。



納豆というと
大体そのイメージはおおきく二分されます。



すっごく好き か すっごく嫌い。



この「好みがはっきり二分される」っていうのも
納豆を嫌っていた要因のひとつでもありました。


だって、なんとなく信用できない評価だと思いませんか?


ここまで好みの差がはっきりしていると、
なんか好きって人も嫌いって人も
納豆を過大(あるいは過小)評価してるような気がする。



そんな信用ならない納豆なんですが、
やっち先輩曰く「やつは大したことない」。



納豆に対する不信感、一気に解消です。



「まずは納豆巻きから試してみたら?」という
先輩のアドバイスを受け、
早速きょうの晩ご飯にと納豆巻きを購入。



したわけですが。



が。



マジ大したことねぇよ、やつは。


あれはただのネバネバする豆です。


すっごく美味しいわけでも
すっごく不味いわけでもない。



あんなに毛嫌いしてた自分も自分だけど、
あんな豆を病的に愛食している関東人もおかしな人たちだなあ
と思いました。


食べれないことはないけど
もう自ら進んでは食べないなぁ、きっと。
スポンサーサイト
【2006/12/12 22:42 】 | 日々 | コメント(9) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。