スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
作曲家占い
作曲家占いってのをいつぞややったんですよね。

そのときはやりっぱなしで終わったんですけど、
せっかくなのでブログに載せようと思い、
もう一度やってみました。



続きを読む
スポンサーサイト
【2007/01/26 22:50 】 | らくがき | コメント(9) | トラックバック(0) |
ヴィオラのような女性がいたら、一生片思いし続けるのに
部活のない土曜日なんてひさしぶりですね。

ここぞとばかりにきょうも
遊び歩きましたよ。


きょうはお昼ごろから活動を開始。

まずは銀座に行きました。

きのうの晩
衝動的に歌舞伎が見たくなったのです。

歌舞伎を見に行くのははじめてだったので
何をしたらよいのかわからず、
でもまあ行きゃなんとかなるだろうと思い、
とりあえず歌舞伎座を目指しました。

が。

やっぱり事前の下調べって大事ですね。

当日券で余ってるのは1万円を超えるものだけ。

安いチケットはすでに完売していました。

「勧進帳」が見たかったのですが、
そこまでお金をかけることはできません。

仕方がないから予定変更。

山野楽器とヤマハに行ってお買い物しました。

3月になったら「義経千本桜」をやるみたいなので
歌舞伎はまたそのときにします。


そのあとエリカ先輩にチケットを譲っていただいた
コンサートを聴きに、青葉台へ。

清水直子さんのヴィオラ・リサイタル。

もう、本当に、すばらしかったです。

楽器を構えてから、最後の一音を弾き、
会場が静寂に包まれるその一瞬まで、
釘付け。

拍手と同時に解ける緊張とため息。


内から溢れでる喜びも、
烈しい怒りも、
あたたかい囁きも、
物憂げな歌声も、
艶っぽい溜め息も。

みんな、呼吸ひとつで世界を変える。


その支配力。


きょうのコンサートに行かれたことは
本当に幸運でした。
【2007/01/21 00:27 】 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) |
いいなぁイギリス
自分のヴィオラを初めて調整に出しました。

もう買ってから3年目になるんですけど、
初めてだったんです。

ひどい。


楽器をあずけているあいだ
近くのCDショップやらでひまつぶし。

3枚ほどNAXOSを買いました。

カリンニコフとサティとアーノルド。

アーノルドの交響曲第1・2番は
「イギリスの作曲家」というので衝動買いした1枚なのですが、
とてもいいです。

イギリスの作曲家といえばなんとなく
弦や木管のメロディーの美しさが特徴的だと思い込んでましたが、
アーノルドの交響曲は金管がバリバリ鳴っててかっけぇです。

特に2番。

木管と弦の静かな美しさと、
金管の華やかさの対比がすてきすぎます。

イギリスの作曲家はみんなメロディーがきれいで
好きだなぁ。

いいなぁイギリス。

行きたいなぁイギリス。

やりたいなぁイギリス。
【2007/01/20 00:26 】 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
週末の出来事
いつまでもエロ本についての記事が
トップを飾っているわけにもいかないので、
ずくだして更新しまーす。


とりあえず、週末の出来事を。


先週末はアプリコの本番でした。

まずは聴きに来てくれた外大オケのみなさん、
ありがとうございました。

楽しんでもらえたみたいでよかったです。

そして何より、
アプリコのみなさんにはお世話になりました。

本当に。

みなさん見てないでしょうけど、
お礼を言わせてください。

「ありがとうございました」

特に、先輩にはまたお世話になってしまいましたね…

誰とは言わねぇけども。

トラに誘われたとき、最初は本気で悩んだのですが、
乗ってよかったと、心からそう思います。

練習も、飲み会も、そしてもちろん本番も、
ものすごく楽しかったです。

まだまだへたっぴなので
いろいろご迷惑もおかけしたとは思いますが、
アプリコの皆さんと一緒に演奏できたことは
大きな経験になりました。


次回も乗せてもらえるそうです。

また聴きに来てね。
【2007/01/17 00:36 】 | 日々 | コメント(3) | トラックバック(0) |
純文学ってエロ本だ
バイトの帰り、
本に没頭しておりましたら、電車乗り過ごしちゃいました。

飛田給で降りるはずが、気づいたら武蔵野台。

一駅だったからよかったけど、
それでも思ったよりタイムロスがあったなぁ。

別に急いでたわけじゃないからいいんだけど。


で、そのとき車内アナウンスにも気づかないくらい没頭してた本が
小川洋子の「ホテル・アイリス」

小川洋子は「博士の愛した数式」につづいて
2作目。

でしたが。

世界観がまるで違う。

あの「博士を愛した数式」と同じ人が書いたのかと、
驚くほどです。

カバー裏に
「芥川賞作家が描く究極のエロティシズム!」って
紹介されてたけど、
ほんと、これ以上にエロい本はうちの本棚にはありません。

背筋が何度も寒くなるほどの
強烈なマゾヒズム。

読み終わった瞬間はふっと緊張が解けた感じでしたが、
しばらく胸に――というかもっと下のあたり――
不快感が残りました。。

不快感って違うか。

や、嫌いではないんです。

むしろ、好きな感じだったんですけど、、

一切むだがない文章とか、さすがだな、って思ったし、、

でも、なんか、こう、煮え切らない感じというか、
腑に落ちない感じというか…

うー、うまく説明できないぃ。

なんでこう否定的な言葉しか浮かんでこないかなぁ…

はあぁ。

あー、、語彙不足が嘆かれマス…


あ、「のだめ」始まった。
【2007/01/12 01:20 】 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ぼやき3本立て
のどが痛い気がします。

風邪をひいちゃったんでしょうか?

それとも気のせいでしょうか?

え? あ、気のせい?

気のせいだと思いますか?

そっかー。

じゃあきっと気のせいですね。







みくしやらぶろぐやらを見てると、
成人の皆さんは大半がきちんと成人式に参加されたそうで。

そのあとの同窓会や2次会にもきっちり参加されたそうで。

成人式に参加してない不届き者は
どうやらぼくと、某びよらの彼だけのようです。

パナマだけど。

他にいませんかー? 成人式行ってない不届き者は。







きのうやった「しんふぉにゃあバトン」ですが、
ペッパーとかやっておくれよ。

ぷりーず。







レポートの合間にまただらだらと更新しました。

あしたは久々の部活。

寝坊しないよう心がけます。
【2007/01/10 03:41 】 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) |
しんふぉにゃあ
きょうはほぼ丸一日家にこもりっきりでした。

ええ、そう、課題のせいですよ。

ええ、はい、そうです。

おかげでコミュニケーションは大家さんと、
Bフレッツ光の勧誘に来たお兄さんとだけでした。

朝からパソコンの前に座りっぱなしで目が…







レポートに飽きてきたので、息抜きにブログ更新中。

いつぞやひらの先輩がやっていたバトンを
今更ながらひっぱり出してきて、やってみます。


【シンフォニー・バトン】

<ルール>
・交響曲第1番~第9番まで、どの作曲家の交響曲が好きかを書く。
・野球の打順のように。二重登録はダメ!!(作曲家がダブってはいけないと言う事らしいです)

・「DH」には10以上の作品又は、番号のないものを書いてね。


・1番 カリンニコフ
・2番 シベリウス
・3番 メンデルスゾーン「スコットランド」
・4番 ブラームス
・5番 ヴォーン・ウィリアムズ
・6番 チャイコフスキー「悲愴」
・7番 ドヴォルザーク
・8番 マーラー
・9番 ベートーヴェン「合唱つき」
・DH  ショスタコーヴィチ第11番「1905年」


やってみたら案外あっさり決まりました。

あんまり多くを知らないのが
逆に功を奏した感じです。

功を奏したって違うか。

それぞれについて、ちょっとずつコメント。


続きを読む
【2007/01/09 01:44 】 | バトン | コメント(5) | トラックバック(0) |
きょうから大人の仲間入り
きょうは成人式

…ではなくて、アプリコオケの
新年初練習日でした。

年末年始ほとんど楽器に触らなかったので、
(実家まで持って帰ったのになぁ… 
なんでかなぁ… いっつもこうなるんだよ…)
きのう午後いっぱい使ってさらいましたが、
そんな付け焼刃ではダメでした。

ごめんなさい。

本番まであと一週間しかありません。

トラだからとか、そんなん言ってられません。

必死でさらいます。

がんばります。


練習後は成人のお祝いをしてもらいました。

何が口実であっても飲み会は楽しいものですが、
自分の成人のお祝いとあってはなおさら。

地元での成人式には参加できませんでしたが、
思わぬところで成人を祝ってもらえてうれしかったです。

その席で次の演奏会のお誘いもいただきました。

あざーっす。あざーっす。

メインはシベ2です! シベ2て!

ことせん!!

追いコンのときにもらったパート譜
探さなきゃ。


夜。

家に帰り着くと、
高校の同級生から電話がありました。

電話をくれた彼は
もうかなりできあがってるご様子でした。

岡山では今ごろ
みんなで盛り上がってんのかなぁ…
【2007/01/07 22:20 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
成人式前夜
地元ではあした成人式です。

ハタチを迎えた桶人たちは
みんな行くのかなぁ、成人式。。

みんな振袖やら紋付袴やら
着たりするのかなぁ。

どうなのかなぁ。

同日開かれる高校の同窓会に行けないのが
唯一の心残り。







そろそろ年賀状を書き始めなければなりません。

中学生のころから
自分からは出さず、来た人に返事を書く
というスタンスをとっているので、
年賀状の筆をとるのはだいたいいつも
三が日が明けてからです。

毎年、筆(というか筆ペン)で書いているので
ことしもそうするつもりですが、
まだ何を書くかは決めていません。

いつも詩やら短歌やらを引用しているので
ことしは一言ズバッとシンプルなものにしたいんですけど、
いいことばが見つからない…

でも、とりあえず溜まった課題を終わらせなきゃ
年賀状にはとりかかれなさそうなので、
まずはそっちを何とかしなくちゃなぁ。

相変わらずレポートの進みは遅いのです。
【2007/01/06 23:58 】 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
雑煮とお年玉
帰省中、何度か更新を試みましたが
実家のパソコンが不調でかないませんでした。

別にめんどくさかったからじゃありません。

決して、断じて、そんなことはありません。







更新が滞っていた期間のことを
振り返ります。



…と、思って途中(12月31日くらい)まで書いたんだけど、
めんどくさいからやめます。

1月1日のことだけ抜粋。

この日の朝ごはんはお雑煮でした。

ことしのお雑煮は
 ・伊達巻
 ・卵焼
 ・蒲鉾
 ・鰤
 ・牡蠣
 ・鶏肉
 ・百合根
 ・菠薐草
 ・人参
 ・丸餅
が入っていました。

意味もなく表記を漢字で揃えてみましたよ。

鰤は1~2日塩漬けされたものなのですが、
これがとくに好きです。

身がやわらかく、しょっぱい鰤は
お餅とよく合うんです。

夜は「お年玉つかみ取り大会」が催されました。

おじいちゃんが数年前から貯め続けた
小銭をひとりずつ順番につかみ取り、
それぞれのお年玉にできるという、
心踊る楽しいわくわくイベントです。

この小銭(主に1円玉と10円玉なのですが)が
またものすごい量なんです。

いったいいつから貯め始めていたのか。

小さめのダンボールがいっぱいになるくらい
ありました。

そこにみんなが順番こに
手を突っ込んでいくわけです。

ぼくは1143円獲得しました。

けっこう好成績です。

手が大きくてよかったなぁ、とはじめて思いました。
【2007/01/05 18:23 】 | 日々 | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。