スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「再発見」という名の7月
きょうのおも言。

テーマは、


「名詞による名詞修飾」もしくは「所有格構造」。


その中のトピックのひとつとして、
「の」の意味とその分類というのがありました。

ざっくり説明すると、
日本語の「の」には所有関係だけでなく、
属性や同格など、他の言語には見られないほど
さまざまな用法を持った格である、というはなし。


このはなしを聞いて、
中学1年の、最初の国語の授業を思い出しました。





教材は、「りすの食卓」という串田孫一さんのエッセイ
だったんですが、初回の授業は本文には一切入らず、
このタイトルだけで行われました。


先生が最初に発した問いはこうです。


「りすの食卓」とはどういう意味か?

どのような可能性が考えられるか?


生徒は班ごとに考えます。
(国語の時間は、毎回、班になってやっていました)


りす が 所有する 食卓。

りす が 使う 食卓。

りす を 食べる 食卓。

りす を 模した 食卓。

…など。


ちょっと無理な解釈じゃないの?というものも
ありましたが、(「りすで作った食卓」とか)
とにかく、ノ格はガ格・ヲ格など他のさまざまな格の代用をする
ということをこの授業で学びました。


先生はこれを
「読解のポイント・「の」の読み」と呼びました。





あれから8年。

あのころはただ「国語の勉強」だと思っていましたが、
いまから思えば、先生の授業は半分くらいが
言語学の基礎だったように思います。

ことばに興味を持って
こうして言語学を学ぶようになったのも
先生のおかげ。


そんなことを思った、2007年夏。
スポンサーサイト
【2007/07/05 01:15 】 | 日々 | コメント(5) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。