スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
シベ2本番を終えて
初めてシベ2を聴いたのが去年の3月。

シベ2を好きになったのが1年前の夏。

初めてアプリコに乗ったのが今年の1月で、
次の定期はシベ2だと知ったのもその頃。

それから団員に誘っていただいて、
シベ2初トゥッティが4月末。


そしてきのう、本番。


本当に、本当に、楽しい1日でした。


大好きなアプリコのみなさんと
大好きなシベ2の演奏会。

これ以上ないくらいうれしい団員デビューでした。






レセプションで
ヴィオラソロの後藤先生が何度も口にしていた
「愛すべきヴィオラパート」「愛すべき仲間たち」
ということば。

そんなことばをプロの先生が、
アマオケの、それもこんなにへなちょこプレイヤーの
ぼくに対してまでもかけてくださったことに、
すごく感激しました。

プロもアマも関係なく、
たまたま同じ楽器を弾いてきた、同じ「仲間」。


ヴィオラを始めて6年。


それまで楽器経験もほとんどなくて、
さっぱりうまくならなくて、
何度かやめようかと悩んだこともありました。

それでもやっぱり好きで、
オケが好きで、ヴィオラが好きで、
それを通して出会ったみんなが大好きで、
ずっと続けてきたヴィオラ。


へたくそだけど、
やっぱり続けてきて、よかった。

後藤先生のことばを聞いて、
心の底からそう思いました。


あの出会いも、あのことばも、あのステージも、
ぜんぶ、ヴィオラという楽器に出逢えたおかげ。


ありがとう。

これからもよろしく。
スポンサーサイト
【2007/07/16 22:16 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。