スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
どっかん(「読書感想文」の略)
小さい“つ”が消えた日 / トロステン クロケンブリンク、ステファノ・フォン ロー 他


数日前、電車の中吊り広告で見かけてから
ずっと気になってたこの本。

きょうカテキョのバイトの帰りしに
本屋に立ち寄って買いました。


短い童話なので
帰ってから一気に読んじゃったのですが、
いいです。

いい。


「この冬、世界でいちばんあったかい本」
というキャッチコピーどおり。

ちいさな世界で起こった、ちょっとした大事件。

読み終えると、心がじんわりあったかくなる。

そんな感じ。


ところで、この童話の登場人物は
すべて「ひらがな」です。

タイトルにあるように主人公は「小さい"つ"」だし。

「あ」から「小さい"や"」、
「てん(濁点)」や「まる(半濁点)」までいます。

キャラクター(文字)それぞれの
性格描写がおもしろい。


例えば「あ」は自慢好きのおじさん。


例えば「は・ひ・ふ・へ・ほ」は笑い上戸の5人組。


例えば「か」は哲学者みたいになんでも疑う性格。


そして、文字の中でいちばん謙虚な「ん」。


なんとなくうなずける気がする。

ちなみに、主人公である「小さい"つ"」はこんな性格です。


ユーモアがあって、観察力に優れたかわいい男の子。


ひとつひとつの文字の性格を想像すると
思わずくすりとしてしまいます。


文字(ひらがな)の世界のユニークな童話。

みんなも読んでみるといいと思うよ。
スポンサーサイト
【2006/12/15 23:53 】 | らくがき | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<言葉のかたち | ホーム | 各停と急行と準特急>>
コメント

ほ、とか、り、は実在しちゃうね
【2006/12/17 01:37】| URL | かとぅ #-[ 編集] |

面白そうだネ~☆ ちなみに私は今YomYomが気になってるょ。今度買っちゃおうかな。。
【2006/12/18 00:16】| URL | まこ #-[ 編集] |

>かとぅ
ちなみに、
り…道理をわきまえ、科学的の物事を分析していく人。痩せていて、めがねをかけているガリ勉君。神経質タイプ
ほ…笑うのが好き
だって。

>まこ
YomYomって新潮社から出てるアレ? 表紙がかわいいよね。ぼくも気になってた。
【2006/12/19 23:36】| URL | にゃっき #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://knyacki8823.blog64.fc2.com/tb.php/132-4cf59b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。