スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
いいなぁイギリス
自分のヴィオラを初めて調整に出しました。

もう買ってから3年目になるんですけど、
初めてだったんです。

ひどい。


楽器をあずけているあいだ
近くのCDショップやらでひまつぶし。

3枚ほどNAXOSを買いました。

カリンニコフとサティとアーノルド。

アーノルドの交響曲第1・2番は
「イギリスの作曲家」というので衝動買いした1枚なのですが、
とてもいいです。

イギリスの作曲家といえばなんとなく
弦や木管のメロディーの美しさが特徴的だと思い込んでましたが、
アーノルドの交響曲は金管がバリバリ鳴っててかっけぇです。

特に2番。

木管と弦の静かな美しさと、
金管の華やかさの対比がすてきすぎます。

イギリスの作曲家はみんなメロディーがきれいで
好きだなぁ。

いいなぁイギリス。

行きたいなぁイギリス。

やりたいなぁイギリス。
スポンサーサイト
【2007/01/20 00:26 】 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ヴィオラのような女性がいたら、一生片思いし続けるのに | ホーム | 週末の出来事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://knyacki8823.blog64.fc2.com/tb.php/148-b91d49ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。