スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
決まりました
ほっておくとまた箇条書きになってしまいかねないので、更新。

まずは報告ですが、
院に無事合格が決まりました。

とりあえずフリーター(っていうか下手したらニート)の危機は免れました。
でも院生って学のある「ニート」だよね。
先輩がそう言ってました。

これからは卒論に集中します。
もう卒論なんてさっさと書き上げてしまいたい!
ソウル方言の母音なんてつまんない!
早く本格的に琉球語の研究やりたい!

ゼミ合宿を終えて、改めて、強く、そう思いました。
いま卒論で自分のやっている研究は、
周りの人の研究に比べて極端につまらない。
早く宮古島に調査に行きたいよー。





"The Pleasures of Pi,e and Other Interesting Numbers"を一通り読み終えました。

無限級数をただひたすら並べてコメントしてあるっていうだけの本なんですけど
(だからこそ英語でも読めたんですけど)、
その簡潔かつ完璧な無限級数の世界を実感するには十分すぎるものでした。

無限に並ぶ項。
その答えがあるひとつの数に集約していく様は、
完璧としか言いようのないほど美しいと思います。

一読目はとにかく目で楽しむ(つまり、数式の美しさを視覚的に楽しむ)ことしかしなかったので、
次は自分で証明をしながら、その美しさを体感したいと思います。





院生の先輩に「どんな本読んでるんですか?」って聞いたら、
「自分の研究に関わる本(ほとんど英語の論文)しか読まない」という答えが返ってきました。

ぼくにはきっと無理だなぁ、と思いました。

自分の専門分野でない研究に関する本も読みたいし、
日本語の小説やエッセイも読みたいし、
諸外国語の詩も読んでみたいし、
音楽や美術、哲学や数学に関する本も読みたいし…

「趣味があると研究に集中できない」というようなことも言われたんですけど、
もしもそうならぼくは研究者には向いてないなぁ、と思うのでした。
スポンサーサイト
【2008/11/13 11:45 】 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<初業績…? | ホーム | 「容疑者Xの献身」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://knyacki8823.blog64.fc2.com/tb.php/220-9b6c8532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。